京都フラワーツーリズムについて

花なびを継続発展させるために、京都フラワーツーリズム推進協議会の事務局機能を合同会社化しました。
(京都フラワーツーリズム推進協議会は継続しています)
---------------------------
会社概要
社名:京都フラワーツーリズム合同会社
設立:2010年3月26日
資本金:700万円
住所:〒600-8411 京都市下京区烏丸通四条下ル 620 COCON 烏丸4F
TEL:090-1133-1358

ミッション
感動を具現化し届ける

事業目的
・観光振興に関する事業
・地域振興に関する事業
・インターネット活用に関する事業

事業内容
・スマホアプリ開発
ご当地なび事業(各地域でソーシャルで鮮度の高い観光情報)
花なび事業(今、咲いている京都のリアルタイムの花情報)
奈良バスなび
徳島大学公式アプリ
オープンデータによる地方創生アドバイザー
実績:北木島(岡山県笠岡市)
男木島(香川県高松市)
・クラウドによる効率経営コンサルテーション

沿革
沿革
-------------------------

京都フラワーツーリズム推進協議会
-京の四季の花の美しさを満喫していただき、また同時に地域の素晴らしい観光の魅力も味わっていただきたいー
・設立:2008年10月14日
・目的:外国人観光客を含めた多くの方々に、京都の四季おりおりの花の開花状況や地域の観光の魅力などをリアルタイムに情報提供・案内を行い、観光誘客の促進と地域の振興を図っていきます。

協議会メンバー構成
・会員 社団法人京都府観光連盟、京都府、亀岡市、八幡市、社団法人宇治市観光協会、京都歴史回廊協議会、立命館大学、京都嵯峨芸術大学、ハイアット リージェンシー京都、近畿日本ツーリスト株式会社、エムケイ株式会社、中井タクシー、株式会社らくたび、ソフトバンクモバイル株式会社、オリンパス株式会社、フォン・ジャパン株式会社、京都フラワーツーリズム合同会社、日本システム開発株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、株式会社パスコ、嵯峨嵐山おもてなしビジョン推進協議会  
・オブザーバー 宇治市、城南宮、日産自動車株式会社

コメントは受け付けていません。